SAFe™ は企業レベルでアジャイルプラクティスを実装するための対話式の知識ベースです。「ビッグピクチャー」(全体像)はアジャイルをチームレベルからプログラム及び企業レベルにスケールアップ時に必要となる個々の役割、チーム、アクティビティや成果物等構成要素を明示しています。「ビッグピクチャー」上の各アイコンをクリックし、各構成要素の概要と詳細を詳しく述べるページへ遷移します。一部の構成要素(例えばメトリックス)はサブドメインを持つため、それらのページからさらなる深い階層の説明へのナビゲーションがあります。

このアジャイル導入に関するモデルは主に以下の書籍と私のブログこのアジャイル導入に関するモデルは主に以下の書籍と私のブログ
「scalingsoftwareagilityblog.com」にまとめています。

  • Agile Software Requirements: Lean Requirements for Teams Programs and the Enterprise (2011)(邦訳:アジャイルソフトウェア要求:チーム、プログラム、企業のためのリーンな要求プラクティス、翔泳社、2014)
  • Scaling Software Agility: Best Practices for Large Enterprises, (2007) (邦訳:アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス、翔泳社、2010)

SAFeは50-100人のプログラムや数千人のソフトウェア開発者を持つ企業に成功的に適用されています。我々はSAFeがあなたの組織にも役に立つことを願っています。

– Dean
– Dean Leffingwell及びSAFeの貢献者

 

注: 「Scaled Agile Framework」と「SAFe」はLeffingwell, LLC.の商標です。